LAVIE〈ラヴィ〉が選ばれる4つの理由

bg 1
no1
bg 1

LAVIE

LAVIE
bg 2

LAVIE

LAVIE
bg 3

LAVIE

LAVIE
bg 4

LAVIE

LAVIE

LAVIEの主な機能一覧

LAVIE〈ラヴィ〉の学習用パソコンのポイント

  • 自宅でも学校でも
    使えるサイズで

    オンライン学習に
    対応したモデルで

  • pc LAVIE
  • 成長に合わせて
    長く使えるものを

    堅牢ボディにしっかり
    サポートも

image photo
pc
  • 自宅でも学校でも
    使えるサイズで

    image photo
  • オンライン学習に
    対応したモデルで

    image photo
  • 成長に合わせて
    長く使えるものを

    image photo
  • 堅牢ボディにしっかり
    サポートも

    image photo
Windows 11 と最新の第11世代 インテル® Core™プロセッサー搭載PCがおすすめ
HM750/PA
My First PC

好きな場所で学習するなら

N14
  • 好きな時に、好きな場所で使える14型最小クラスのコンパクトボディ。 打ちやすいこだわりのキーボードに音声が聞きやすいミーティング機能も搭載。オンライン授業に使いやすいPCです。
カスタマイズご購入はNEC Directから
HM750/PA
My First PC

親子で一緒に学習するなら

N14
  • スペックと用途でお子さまにあったPCを選びやすい。画面は高精細フルHD液晶で斜めからも見やすく、親子で 一緒に学習できます。市販のブルーレイやDVDも楽しめます。
カスタマイズご購入はNEC Directから
  • eMMC 搭載

    高速起動で振動・衝撃にも強い!

  • 軽い

    持ち運びラクラク!

  • 薄い

    19mm以下でコンパクト!

  • 長時間バッテリー

    1回の充電で長時間使える!

  • 生体認証サインイン

    指紋認証でスマホ感覚

  • 最新 Office

    資料作りも新機能でサクサク!

小学生から1人1台のPCで学ぶ時代へ
〜学習用パソコンを買うメリット〜

2020年度から小学生からプログラミングが必修化になり、さらに学校や塾でもオンライン授業の活用が加速しています。これからは子ども専用の学習用パソコンを持つことが、学力成長に大きく役立つことになるでしょう。また、昨今増えてきたグループワークなどの「参加型の授業」では、子供たちが自ら調べ、考え、議論し、発表するのにやはり学習用パソコンの活用は欠かせません。早いうちからパソコンに触れ、デジタル活用スキルを身につけることは将来においても大きなメリットにつながります。

学習用パソコンを利用しているお客様の声

  • (40代 父親)

    ゲームで遊んでばっかりいたけど、
    いまは学習用パソコンで友達と一緒にmicro:bitをやっています。
    遊ぶように学んでくれるので、パソコンを与えてよかったと思います。

  • (40代 父親)

    いままではリビングの共用パソコンだったけど、プログラミング教室に通いたいと言うので、
    専用の学習用パソコンを購入。最近は自分のペースで自主的に机に向かうようになっています。

  • (60代 祖父母)

    マウスで描いた4コマ漫画をメールしてくれてびっくり。学習のほかにもこういったパソコンの機能が子どものひらめきや可能性を伸ばしていくのかも。

  • (30代 母親)

    子どもに「もう、みんな持っているから」と言われて購入。早速使いこなしていて、いまではすっかりパソコンのことは子どものほうが詳しくなっています笑

  • (50代 父親)

    塾でのオンライン授業用に購入。以前はスマホの小さい画面で授業動画を見ていたけれど、パソコンだとオンライン通話アプリで講義を受けたり便利に使っているようです。

新しい学習様式の必携ツール〈初めてのパソコンQ&A〉

  • A.お子さま専用のパソコンやタブレットを持っていないことが勉強をする機会を奪ってしまうことになります。保護者のスマホや家族共用の端末だと、家族が使っているとオンライン授業の時間になっても使えないこともあります。お子さま専用の端末があれば、制限なくオンライン授業を受講したり、勉強に活用することができます。

  • A.やったことに対してすぐにレスポンスがあり、楽しく学ぶことができるからです。子どもは、自分がやったことに対してすぐに反応があることが喜びにつながります。また、パソコンやタブレットであれば、動画や英語の発音も簡単に確認できるので、より詳しく知識を習得できます。

  • A.失敗を恐れず何でもチャレンジする9歳(小学校3〜4年生)までに始めるのがおすすめです。小さい頃は好奇心旺盛にやっていたのに、9歳を過ぎると自分が経験していないことに対して不安を感じやすくなります。パソコンやタブレットの操作は試行錯誤しながら学ぶことも多いので、失敗を恐れずにチャレンジする9歳までに始めるのがおすすめです。なお、その年齢が過ぎてしまったら楽しく学べるように、サポートしてあげるとよいでしょう。

  • A. “オリジナルゲームづくり”なら、楽しみながら論理的思考を学べます。ゲームづくりであればお子さまが楽しみながら取り組めるのはもちろん、プログラミングを行うことで試行錯誤を繰り返しながら問題を解決するための力を身につけることができます。※学校の授業でも使われることの多い「スクラッチ(Scratch)」なら、マウスやタッチ操作だけでプログラミングができるので、簡単にオリジナルゲームを作成することができます。

  • A. 一緒に楽しんで、子どもから教えてもらうくらいの気持ちでOKです。子どもの学習能力は高いので、パソコンの知識や操作をみるみる習得し大人の上をいくことも。だから子どもに教えるというよりは、一緒に楽しむくらいの気持ちが関わるのがおすすめです。

  • A.親子で使い方とリスクを話し合ってルールを決めて使いましょう。最新のパソコンやタブレットなら、利用できるWebサイトやアプリ、使用時間を制限できる機能が搭載されているので安心して使えます。ただ、これらの制限をすることで子どもの想像力や学習意欲を削いでしまうこともあるので、使い方とリスクをしっかりと親子で話し合った上でルールを決めて使うのがよいでしょう。

  • A.できれば新しいパソコンを買ってあげましょう。中古よりも、自分専用の新品を買ってもらう方が断然うれしい。初めてのパソコンで、動作が遅い、すぐにフリーズするなどを何回も経験すると、使うのがイヤになってしまう可能性があります。最上位機種にする必要はありませんが、購入する時点である程度よいものを選んだほうが、結局おトクといえると思います。